page top

2017.05.08 07:35 現在

  • 栂の森 栂の森:
  • 鐘の鳴る丘 鐘の鳴る丘:

2020-01-01
カテゴリトップ>インテリア>家具>ソファ
キノママ ソファ マルニ60 2シーター オークフレームチェア ナチュラル ミナペルホネン 2人掛け ソファ 木製
  • 送料無料
  • ラッピング不可

唯一無二の存在 ミナペルホネン

ミナペルホネン マルニ60 オークフレームチェア 2シーター ナチュラル
日本の老舗メーカー「マルニ木工」と世界的テキスタイルブランドのミナペルホネンとのコラボレーションで誕生したマルニ60の特別なソファ。
2500を超えるテキスタイルを生み出して来たミナペルホネン。
数多くのテキスタイルの中でも皆川明氏が特別な愛着を持っているのがこのtambourine (タンバリン)という柄。
2000年に登場してからスタンダードな柄として多くの方に愛されています。
一見シンプルに見える柄ですが、1つ1つの糸の膨らみや形、間隔に違いがあります。
これらは正円では無くフリーハンドで書かれたものをテキスタイルにしているが故。
人間の体が左右対称では無いように、不均一の方が自然に感じ愛せるのでは無いかという思いで作られました。
不揃いがまとまって揃っているように見える。
その絶妙なバランスこそが自然体を感じるtambourineの魅力です。
この特別な記事を使用できるのも確かな品質のソファがあるからこそ実現したと言えるでしょう。

自由度が高い独立型ソファ

ミナペルホネン マルニ60 オークフレームチェア 2シーター ナチュラル
マルニ60のソファは一般的には珍しい独立型になっています。2シーターも3シーターも1つ1つが分離するので画像のように自由度の高い使い方が出来るだけでなく、模様替えなどインテリアを楽しむうえで重要なポイントです。
ライフスタイルに合せた使い方を見つけられる楽しみがマルニ60のソファにはあります。
揃えて使用する場合でもソファ同士はベルトで固定が出来るので安心です。

オーク材を使用した上質な存在感

ミナペルホネン マルニ60 オークフレームチェア 2シーター ナチュラル
マルニ60のソファの木部はオーク材を使用しています。
家具として使われるまでにおよそ100年を要するオーク材はゆっくりと成長する為、密度が高く、固く耐久性に優れています。
そんな貴重なオーク材だけが持つ木目や木の重厚感は独特の存在感があります。
ふと目に入る姿や触れるアーム部分、オーク材の持つ雰囲気をぜひ楽しんでいただけたら幸いです。
ヴィンテージ家具のオーク材は何とも言えない高級感や奥深さがありますが、マルニ60のソファも使い込むことで風合いが増していく、そんな楽しみがあります。

ソファの核心 包まれる座り心地

ミナペルホネン マルニ60 オークフレームチェア 2シーター ナチュラル
マルニ60のソファは座面と背もたれで異なる2種類のクッションを使用。
背クッションはふんわりとやわらかなフェザーをロール状の人工綿で包み込んでいます。フェザーとは水鳥の背側に生えている羽毛です。羽毛の中でも軸に羽毛が付いているものをフェザーと呼び、軸は強く湾曲しています。その為、弾力性に富んでおり、家具のクッションや枕といった耐久性や復元力が重要視されるものに使用されます。
体重を預けた際にゆっくりと沈み込み、包まれる感覚がマルニ60の最大の特徴です。

ミナペルホネン マルニ60 オークフレームチェア 2シーター ナチュラル座面部分は木の板をくり抜き、ゴムベルトを張っています。
それによりお尻の底つき感が無く、心地良い座り心地を体感できます。
そのゴムベルトの上には硬さの異なるウレタン(スポンジ)をフェザーとロール棉で包んだ4層クッションを。
この構造により耐久性と座り心地、吸湿性や保温力、復元力をバランスよく保っています。

オークフレームより安い。キノママって?

マルニ60 キノママオークフレームチェア 1シーター ナチュラルフレーム

使用する木材は家具に加工するに到るまで100年を要すると言われています。
しかし、製品にするために板材に加工するまでに全体の20%、その中から製品になるのが10%しかない現状です。
製品化されない大きな理由が木の個性。
海外では個性のある木目も受け入れられるのに対し日本では節や木目、白太と呼ばれる不揃いなものが不人気という傾向があり、強度や製品として問題が無いにも関わらず個性の強いものは製品化されることはありませんでした。

マルニ60 キノママオークフレームチェア 1シーター ナチュラルフレーム

昨今のインテリアシーンで無垢材が使用されることも多くなり、ようやく日本でも木の個性に対しての理解が浸透してきました。
貴重な資源の活用と木の特性を活かそうと誕生したのが「キノママ」フレームです。
人間にほくろがあり、目や鼻の大きさが異なるように天然の木も1点1点違います。
キノママはそんな天然木の価値を見つめ直し、お求めやすい価格で販売する新しい提案を行いました。
天然木らしいフレームはリーズナブルで一番人気のフレームでもあります。
木目を気にされない、木目が好き!という方にオススメなフレームです。

キノママ特性

■虎斑(とらふ)

虎斑は、オークに現れる太く虎の毛のような模様です。他の組織とは光沢が異なり、銀色に輝いているため「銀杢(silver-grain)」とも呼ばれます。模様の正体は、年輪の中心から放射状に配列された細胞郡で、立ち木の時は水や養分の通路・貯蔵器官として活躍していました。

キノママ特性

■色むら

木が生長する過程で、変色菌が入る、有色性鉱物などを摂取したことにより、色が黒く変わった材料です。部分的に変色しているため画像のように色ムラができます。変色は腐蝕と違い強度には全く問題のない材料のため、今までは着色して使ったり見えない部分にだけ使っていました。

キノママ特性

■白太(しらた)

白太は木材の樹皮に近い部分で、「辺材」とも言われています。活発に新陳代謝をしている部分なので水分や栄養分の含有量が多いことが特徴です。

キノママ特性

■入皮(いりかわ)

入皮は、樹幹の中に封じ込められた樹皮です。若木の時に損傷を受けると、傷付いた部分の細胞活動が停止します。生長の過程で、その部分が樹皮とともに材中に巻き込まれていくため、樹皮が閉じ込められたようになります。

キノママ特性

■虫穴(むしあな)

虫が木を食べて抜け出た穴です。樹齢の高いオークには、200種類以上の昆虫が生息し、昆虫を食べる鳥類やどんぐりを食べる動物たちと一緒に暮らしていました。虫穴は、木の生長には全く問題のない小さな傷で、他の生物と均衡を保ちながら生きてきた証です。(木材の乾燥工程で、虫や細菌は全て死滅しています。)

キノママ特性

■節(ふし)

節は枝が生えていた跡です。木が生長する過程で、幹の中に枝が包みこまれて作られます。節のうち、枝の根元が生きている内に包み込まれ、周囲の組織と密着しているものを生節(いきぶし)、枝が枯れた状態で包み込まれ樹皮などが周囲の組織と密着していないものを死節(しにぶし)といいます。

★送料無料★
価格
263,520円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
受注生産品/6〜7週間前後▼ボタンをクリックしてお選びください
カラー×生地の種類
グレー受注生産品/6〜7週間前後
イエロー受注生産品/6〜7週間前後
ブルー受注生産品/6〜7週間前後
ブラック受注生産品/6〜7週間前後
×・・・売り切れ
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く