page top

2017.05.08 07:35 現在

  • 栂の森 栂の森:
  • 鐘の鳴る丘 鐘の鳴る丘:

2020-03-11
カテゴリトップ>MEN'S OUTER(メンズ アウター)>BARACUTA(バラクータ)
BARACUTA(バラクータ) ステンカラーコート #G-10 (G10) GARMENT DYED(製品染め) BARK【アイテム】スウィングトップでお馴染みのバラクータより、ステンカラーコートのG-10が入荷しました。コットン/ナイロンのシャリ感のある生地に製品染めを施すことで、生地と色味に風合いと味わい深さが生まれ、カジュアルな装いに自然に馴染んでくれます。
比翼仕立てにバックベントといったステンカラーコートらしいディテールに加えて、背中のアンブレラヨークによりバラクータらしさはしっかりと健在。
肩の前面がセットイン、背面がラグランのスプリットラグランスリーブで、肩の収まりの良さと動きやすさを両立したディテールもポイントです。
定番のG-9、G-4のみならず、こちらのG-10も紳士の心をぐっと掴んで離さない一着であること間違いありません。

※店頭でも販売を行っている為、サイズによって在庫切れ販売終了となる場合がございます。あらかじめご了承下さい。
在庫のお問合せはボタンからお願い致します。
※三軒茶屋店舗の店頭価格とネット上での販売価格が運営の都合上違っている場合がございます。何とぞご了承ください。

●オリジン:イギリス ●原産国:ブルガリア
●素材品質:コットン65% ナイロン35%

個体差、計測者の違いによる誤差が生じることがあります。あらかじめご了承ください。

サイズ3840
裄丈cm8991
脇幅cm5456
着丈cm8587

カラーバリエーション

■G9



■G4



■G10





 いであつしの「メイドインフントニモー」
「バラクータG−9といったらマックィーンじゃなくて高倉健」
  セプティズの玉木店長と知り合ったのは、いまからかれこれ6〜7年前である。ビギンのコヂマ編集長から「いでさんが泣いて喜ぶお店が三軒茶屋にあるんですよ」と紹介されて、別冊のファッションビギンのコラムで綿谷画伯と取材に行ったのが最初である。
 まだお店が今の場所じゃなくて三軒茶屋の茶沢通り沿いにあった頃で、まるで昔のメンズショップかインポートショップみたいな懐かしい顔つきをしたお店に、アメカジオヤジのハートは、たしかにぃ〜、ワシづかみされたのだった。
  そのときに、玉木店長から初のウンチクをえんえんと聞かれたのが、今回のお題である『バラクータ』のG−9である。店内にバラクータのG−9を着たスティーブマックィーンの写真集がまるで撒き餌のごとく飾ってあって、思わずそれを見て「やっぱかっこいいよね〜、マックィーンのバラクータって」とうっかり言っちゃったが最後、玉木店長から「どう昔のバラクータは違ってたか」、「マックィーンが着てるバラクータはどこのやつか?」などなど、狭い店内で3時間近く立ち話で熱く聞かされたのであった。
 しかしいま思えば、あの頃はまだいい時代であったなぁ。だってさぁ〜、いまやバラクータのG−9もスリムフィットだとかヴィンテージタイプだとか、ラコステのごとくいろんなサイジングがあってさぁ〜、ゴルフのスィングしたひにゃ、破れちゃうじゃんかい。しかも困ったことに一応どれもMADE IN ENGLANDだからして、こうなるともう、どれを選んでいいんやら、さっぱりワカンネ。玉木店長も「正直ね、もう好みだね」と言うでないか。いやはやバラクータといったら「これだけ!これしかないのっ!」という単純明快だったあの頃が懐かしいったらありゃしない。
 さて、そのバラクータG−9といえば、誰もがすぐに思い浮かべるのが件のスティーブマックイーンということにソクなるわけです。今でこそオレも知ったような顔をして「マックイーンといえばバラクータだよね〜」などと言ってるんだけども、じつはカミングアウトしちゃいます。スティーブマックィーンがバラクータを着てたなんてことを知ったのはほんのつい最近なんすよねぇ。初めてバラクータG−9を買った高校生の頃なんて、マックィーンのマも興味なかったずらよ。ゴメンねー、マックイーンがどーのこーのとか、知ったか顔してウンチクを語っちゃったりして。
画伯イラスト
 しかしオレと同世代のアメカジオヤジたちの大半は、おそらくそうなんじゃないかと思うのだ。
 じゃあワレワレはバラクータのG−9の着こなし方を、誰をお手本にしていたのかというと、それはズバリ、高倉健である。
 昔、高倉健が主演で倉本聡が演出の「あにき」っていうTVドラマがあってね、高倉健は例によって無口な男気のある大工か何かの棟梁の役だったんだけど、そのドラマで健さんは毎回いつもバラクータのG−9を色違いで何着も着ていたんだよねぇ〜。
 ドッグイヤーの襟を上までぴちっと閉めて着る健さんときたひにゃ、そりゃあもうすげぇーシブくって、マックィーンどころじゃなかった。何年かして「あれはラサンスが別注したバラクータだ」なんていうウワサまで流れたりして、とにかく健さんのバラクータG−9の着こなし方はカッコよかったのだ。
 そういや以前、原宿の「キャシディ」の八木沢さんを取材したときに、やっぱり八木沢さんもオレと同じで「バラクータのG−9って、ぼくらの世代はマックィーンじゃなくて高倉健なんですよね」と言っていましたよ。そうだよねー。
 この話を、セプテイズの玉木店長に話したら、なんと衝撃の事実が判明したのである。「あのね、あの頃、健さんにバラクータのG−9を売ってたのって、オレなのよ」と言うではないか!えーっ、それってマジっすか?!すっげーじゃんか、玉木店長!
 なんでも当時、まだ玉木さんがアメ横の「る〜ふ」で働いていた頃、ちょくちょく高倉健さんのお付きの人がやって来てバラクータのG−9を色違いで何着も買っていったんだそうだ。なんとその時に接客していたのが、若かりし頃の玉木さんなのである。
 ちなみに、この「る〜ふ」という店はシップスの前身の「ミウラ」のすぐ隣りにあった、今となっては伝説のアメ横のインポートショツプである。当時、「ミウラ」の偉そうにしてるおにいちゃんたちが恐くて、敷居が高くて、なかなか買えなかった服好きの小僧たちは、みんなすぐ隣りの優しい玉木さんがいるほうの「る〜ふ」で、とりあえずラッセルの霜降りTシャツとかを買っていたのだ(シップスの中澤さんなんかもそうだったらしい)。現在の玉木店長の原点みたいなショップなんである。
 余談だけど、その昔、キャシディの八木沢さんもアメ横の「る〜ふ」の面接を受けたことがあるんだそうだ。でもそのときに面接に来ていたもう1人のほうが受かって、八木沢さんは落ちちゃって、それで原宿のキャシディに就職したんだって。なんとときにその受かったもう1人のほうというのが、誰あろう、現在のセプティズの玉木店長なんである。
 うーむ、なんか今回はバラクータのG−9の話から日本のインポートショップを支える人たちの裏話みたいになっちゃったが、とにかくその頃からバラクータのG−9はずっと売っていたってことですな。そして昔はバラクータといったら、マックィーンじゃなくて高倉健だったのだ。
コラム一覧へ
【送料無料(沖縄・離島除く)】
価格
84,240円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
サイズ×カラー
3840
BARK×1〜2日以内に発送予定
×・・・売り切れ
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く