page top

2017.05.08 07:35 現在

  • 栂の森 栂の森:
  • 鐘の鳴る丘 鐘の鳴る丘:

2020-02-09
カテゴリトップ>アウトボード>モジュール】ラック
Radial
Workhorse Powerstrip
(VPR Alliance)
【国内正規品】
【製品仕様のお知らせ】
「RADIAL/Workhorseシリーズ」では、RADIAL社や他社製一部の「VPR Allianceモジュール」を装着しやすい様に、予め内部に「プレート(イージー・グライド・トレイ)」が搭載されております。
apiやrupertNeve社などのVPRモジュールをご使用の際は、装着前に内部のプレートを外す必要がございます。(※日本語マニュアル詳細説明ございます。)
お手数ではございますが、装着が出来ないやプレートが外せない等の場合はご連絡頂ければ幸いでございます

※こちらの商品はメーカー在庫切れの際、納期に2週間〜6週間前後お時間をいただく場合がございます。

※当商品の駆動には別途apiモジュールまたはVPRアライアンス製品が必要となります。

1Uラックサイズ、API 500シリーズ互換のモジュール・フレームです。ラジアル製ではなくてもAPIを始めとする500シリーズ互換のモジュールを3台まで収納できます。

入出力端子

各スロットには、XLRと1/4"TRS入出力端子があります。入力感度は使用するモジュールによります。マイクプリアンプ・モジュールならマイク・レベル、リミッターやEQなら+4dBのバランス・ライン・レベルになります。

FEEDスイッチ

今までは、モジュールの出力と次のモジュールの入力をケーブルで接続する必要がありました。Powerstripなら、FEEDスイッチをオンにするだけで、ケーブルを使わずに隣のモジュールにシリーズ接続できます。もちろん、今までどおりケーブルを使って接続することもできます。

OMNIPORT

OMNIPORTは1/4" TRS端子で、モジュールによって機能が変わります。例えば、PowerPreプリアンプなら楽器用入力、JDV DIボックスなら低インピーダンスDI出力機能になる等です。

電源の共有

Powerstripの電源は500mAを3つのスロットで共有します。たとえば、スロット1に250mA電流が必要なモジュールを使うと、他の2つのスロットでは、合わせて残りの250mAを使えます。ほとんどの500シリーズモジュールで使用される電流は、40-130mA程度です。

スペック

  • スロット数:3
  • 入力端子:バランスXLRオス×3、1/4" TRS×3
  • 出力端子:バランスXLRオス×3、1/4" TRS×3
  • 互換性:Whos-Doc & VPR アライアンス
  • Omniport:有
  • Feed switch:有
  • Stereo link:有
  • 48V phantom power:有(全チャンネル)
  • 供給許容電流:500 mA
  • 各スロット平均供給許容電流:166 mA
  • カードスロット・インピーダンス:モジュールによる
  • グランド接続:ケース
  • XLRピン配線:AES標準[pin-1 ground、pin-2 (+)、pin-3 (-)]
  • 電源:外付け100V
  • 240V AC(48Vファントム電源付き)
  • 電源アダプター端子:5ピン・ロックタイプXLRメス・ケーブル
  • 寸法:483W×44H×190D mm
  • 重量:2.4 kg

500シリーズ互換モジュール・フレーム・3スロット
価格
54,240円 (税込58,579 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
2〜3営業日以内に発送予定
注文数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く