page top

2017.05.08 07:35 現在

  • 栂の森 栂の森:
  • 鐘の鳴る丘 鐘の鳴る丘:

2020-03-03
カテゴリトップ>カテゴリ別>カテゴリC>エフェクター>エフェクター(T〜Z、その他)>その他エフェクター
empress effects Super Delay スーパーディレイempress effects Super Delay エンプレスエフェクツ スーパーディレイ

Superdelayは市場最高の音質と機能性をもつギタリストの為のディレイエフェクターペダルです。特徴は2つ。サウンド品質が並外れて高い(S/N比105dB以上!)、そして音楽家をインスパイアし続ける脅威の機能性です。スーパーディレイ。始動です。

<スーパーディレイの主な特徴>

■ 並外れた高音質 - S/N比105dB以上、24bit AD/DA(32bit内部プロセッシング)
■ ギタリストに多大なリアルタイムコントロール性を与えるデザイン
■ 最大ロングディレイタイム 2.8秒
■ 8モード×3サブモード
■ タップ/オート/リズムディレイタイム入力
■ 逆回転ディレイ(リバースディレイ)、変 態オクターブアップリバースモード有
■ テープエコーモード。ワウ&フラッターやヘッドの汚れ状態までもシミュレート
■ ダイナミック&ゲートモード
■ 最大13秒Looper(オバーダブ、逆回転モード可能)
■ エクスプレッションペダル入力(mix またはfeedbackコントロール)
■ ハイパス/ローパスフィルター
■ Fast/Slowモジュレーション
■ 8プリセット保存
■ 3フットスイッチ
■ タップテンポ入力時にはd TimeノブがRatioに
■ トゥルーバイパス
■スモールザイズ(約14.4×9.5×5cm)
■ ACアダプター駆動のみ(DC12V 500mA センタープラス、付属します)

【機能詳細】

mix
ドライ/ウェット信号を調整

d time | ratio
タップモードでない時にディレイタイムを調整します。タップモード時にはratioコントロールになります(ratio 2:1の場合はディレイタイムは半分の長さとなります)

feedback
ディレイのフィードバックを調整

mode
後記する各モード切替です

exp pedal(スイッチ)
別売のエクスプレッションペダルを接続した場合にどのコントロールを行うか決定

filter(スイッチ)
ディレイ音に対してのhp(ハイパスフィルター)またはlp(ローパスフィルター)を選択、hpはエレクトロミュージックに、lpはアナログディレイタイプのサウンドに最適です

modulation(スイッチ)
ディレイ音にモジュレーションをかけます。slowまたはfastが選べます

mode specific(スイッチ)
モードに対するサブモード(a,b,c)を選択

bypass(フットスイッチ)
トゥルーバイパス

presets(フットスイッチ)
保存されたプリセットをサイクル切替します、他機能あり

save(黒いスイッチ)
プリセット保存に使います

tap (フットスイッチ)
ディレイテンポの設定、他機能あり

<各モード説明>

各8モードにはそれぞれスイッチ切替のsub-modeがあり、3種の異なる機能を持ちます

1、Normal Mode
スタンダードなデジタルディレイ。Normalモードではtapスイッチをプレスすると1ディレイタイムだけミュートします。これはフィードバック設定が高いときに便利です。コードチェンジ時などに利用すると前に弾いたコードと今弾いたコードの干渉をなくす事ができます。

sub-mode-a
ショートディレイモード(5.5ms 95ms)

sub-mode-b
ミディアムディレイ(45ms 800ms)

sub-mode-c
ロングディレイ(700ms 2.8seconds)

2、Tap Mode
ディレイタイムをtapフットスイッチでコントロール。リピートでタップされたテンポの平均でディレイタイムを決定します。Tap Mode時は dtime|Ratioノブは全てのsub-modeでRatioコントローラーとなります

・ノブが7-10時では1:1ratio、ディレイタイムはリズムタップされたテンポと同じ
・ノブが7-2時では2:1ratio、ディレイタイムはリズムタップされた1/2倍
・ノブが2-5時では4:1ratio、ディレイタイムはリズムタップされた1/4倍

sub-mode-a
ノーマルタップ、ディレイタイムはタップされて決まります

sub-mode-b
トリプレットタップ、ディレイタイムはタップされた1/3になります

sub-mode-c
ドッテッドタップ、ディレイタイムはタップされた1.5倍になります

3、Auto-Set Mode
オートモードではプレイのダイナミクスから自動にディレイタイムを決定します。プレイのボリュームピークを検知します。黄色のLEDが点滅します(上手く点滅しない場合はsub-modeで調整もできます)。ここでtapスイッチを押すとディレイタイムが変化します。

sub-mode-a
ロースレッショルド、ディレイタイムが常に短すぎてしまう場合にはこのポジション

sub-mode-b
ミディアムスレッショルド

sub-mode-c
ハイスレッショルド、大きな音の楽器に有効な場合が多い

4、Reverse Mode
ディレイサンプルを逆回転させる特殊効果です。

sub-mode-a
リバースノブ、ディレイタイムはdtime|ratioでセットします。最大のリバースディレイタイムは1.4秒です。黄色のLEDがこのモード時には点灯します。tapスイッチを押すと入力信号がディレイプロセッサーに送られなくなります。するとLEDは暗くなります。

sub-mode-b
タップリバース、ディレイタイムはtapスイッチを繰り返し踏むことで決まります。

dtime|ratioはレシオコントロールに変わり1:1、2:1、4:1で変化します。最大のディレイタイムは1.4秒です

sub-mode-c
ディレイされたオーディオはリバースでプレイバックされ、サウンドはオクターブ上になります。最大ディレイタイムは933msecになります。Feedbackを上げ気味にしていくと凄い事になります。

5、Rythm(multi-Tap) Mode
4つまでのタップでリズムディレイを作ります。

sub-mode-a
レシオ、dtime|ratioをレシオコントロールとして使用できます。1、2、4倍の速さになります

sub-mode-b
スケーリング、d time | Ratioノブが入力されたリズムのスケールを変化させます。時計回りで記憶させたリズムをより長くストレッチします。反時計回りでは反対に短くします。

sub-mode-c
ダイナミックボリューム、aに似ていますが音量も変化します。最初のリピートから段々大きくなります。

5、Tape Mode
クラシック&ビンテージなアナログテープエコーの質感をエミュレートします。

sub-mode-a
ベーシックタイプ、アナログテープのサーチュレーションとコンプレッション感をディレイ信号に付加してクラシックロック風の温かい音質を作り出します。

sub-mode-b
ビンテージテープディレイ、多少のワウ&フラッター(テープの走行が不安定な状態)質感をディレイ信号に加えます。僅かにコーラスがかかったようなサウンドがとてもリアルです。

sub-mode-c
ビンテージテープディレイ&オールドテープ、モードBに似ていますがよりサーチュレートが多く、テープマシンのヘッドが汚れているテープエコーのように聞こえる非常に優れたアナログテープエコーの質感になります

(6-8)Misc Mode
その他様々なモードが3タイプ用意されています

6、sub-mode-a
ダイナミック1、Feedbackノブの位置により静かなノート入力時にFeedbackを増加させます。大きな入力の場合は0近くまでFeedbackを減少させます。例えばFeedbackノブが50%位置にある場合に静かに演奏するとFeedbackが50%増加されます。

7、sub-mode-b
ダイナミック2、Mixノブの位置により静かなノート入力時にMixを増加させます(よりWetにする)。大きな入力の場合はMixを減少させます(よりDryにする)。

8、sub-mode-c
タップミュート、Tapスイッチが一度押されるまで信号は100%ドライです。一度tapを押すとディレイがかかります。もう一度tapを押すと入力信号がディレイに送られなくなります(まだディレイフィードバック音はまだ残っています)

このモードはライブ演奏で曲の1箇所だけで効果的にディレイをかけたい場合などに便利です。(Bypassスイッチでは突然ディレイがカットオフされてしまうので)

Looper Mode
最大13.6秒までのオーディオサンプルのループを使用可能です。最初のループの上にレイヤーループを重ねていくことも可能です。

Operating the Looper
modeスイッチをloopにあわせます。feedbackとdtimeノブは無効になります。mixはループ音とライブサウンドのバランスコントロールになります。新しいループをレコーディングする時にはtapを押します。終了する時には再度tapを押します。すぐにループが始まります。またそのループに重ねてライブプレイすることも可能です。

ループをリセットしたい場合にはpresetスイッチを押します。
もう一度presetを押すとプリセットモードになり新しいプリセットのロードが可能になります。

sub-mode-a
ノーマルルーパー、6.8秒のループタイム、CDクオリティ音質

sub-mode-b
ロングルーパー、13.6秒のループタイム、平均的音質

sub-mode-c
逆回転ルーパー、ループが録音されるとそれを逆回転再生します。オーバーダブは正回転です。またループプレイバック中にsub-mode-bとcを切替る事も可能です。bとc切り替えでオーバーダブされたパッセージがそれぞれ逆回転になりますので最初のパッセージはsub-mode-bで録音し、その次のパッセージをsub-mode-cで録音、スイッチ切り替えでサウンドのバリエーションを作ることが可能です。

Using Presets
superdelayは8までのプリセットが組めます。loopモード以外はセッティングをプリセット可能です。ユニットが立ち上がった時には何のプリセットもロードされません。

8つのプリセ

 【送料無料】
価格
64,260円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
メーカー取寄:納期は別途ご案内いたします
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く