page top

2017.05.08 07:35 現在

  • 栂の森 栂の森:
  • 鐘の鳴る丘 鐘の鳴る丘:

2019-10-03
カテゴリトップ>キーボード>シンセサイザー
Studio Electronics OMEGA8
【送料無料】
OMEGA8は、現在もなお魅力的なアナログシンセサイザーを製造し続けている米Studio Electronics社が満を持して発売したアナログシンセサイザーです。アナログサウンドに対する同社の徹底的なこだわりによる、完全ディスクリート方式のアナログ回路のシンセサイザー基盤「OMEGAボイスボード」が組み込まれています。
過去のアナログシンセの改造からスタートしたメーカーだけにディスクリートと言えどチューニング対策は完璧。聴感上正確だがデジタルシンセの様な完璧なチューニングをあえて行わない、画期的なAccu-Tune方式により、アナログシンセの持つ独特の暖かい揺らぎを失わずに安心して演奏することが可能です。
更に、同社のATC-1で世界中のシンセサイザーマニアから絶賛されたアナログフィルターも、OBERHEIM SEMタイプの12dBマルチモードタイプ(ローパス/ハイパス/バンドパス/ノッチ)とMINIMOOGタイプの24dBローパスフィルターを装備。
更にオプションによりARP 2600タイプやROLAND TB-303タイプのフィルターも増設可能です。
気になるサウンドは、期待を裏切らない素晴らしい量感を伴った正統派アナログサウンド。
最大8ボイスまでOMEGAボイスボードを増設することで、単音で使用しても過去の名モノシンセ達に引けを取らない中低音の音圧がポリフォニック/ユニゾンで襲ってくるその迫力は筆舌に尽くしがたいものがあります。
しかも4パートまでのマルチティンバーにも対応。

レイヤーやスプリット、ステレオ出力が可能なパラアウトを使用して、本体のみでの多彩なシンセアンサンブルも実現。
モンスタースペックのOMEGA8ですが、音作りは至ってシンプル。
基本的なパラメーターはフロントパネル上のノブとボタンで文字通り普通にエディット可能です。
ノブの分解能は非常に細かく、ゆっくりスイープしてもデジタル制御臭い階段状の変化は起こりません。
パネル上に無いパラメーターは最大各4ページのエディットページ上でLCDとロータリーダイアルによって快適エディット。
勿論各パラメーターはMIDIコントロールチェンジ情報によって外部からのエディットが可能です。
作成したパッチはA/B各バンク128の計256個、マルチセットも128個本体に保存できます。
オシレーターにはサブオシレーター、オシレーターシンクを装備、オシレーター2の波形でオシレーター1/フィルターのカットオフをモジュレーションできるクロスモジュレーションも装備。
更にMIDIシンク可能なアルペジエイターやLFO、各ボイス独立しての設定が可能なパンポットなど、現代ならではの機能も満載しています。

LFOも各ボイスボードに独立して内蔵されているので、ポリフォニックで使用することも可能です。

また、グライド(ポルタメント)のカーブはリニア(直線)/エキスポネンシャル(対数)の何れかに選択可能。同一のサウンドを任意の数だけ重ねて更に重厚に出来るユニゾンモードもボタン一つで実現(複数のOMEGAボイスボードインストール時に有効)。
スペックだけでなく、むしろそのサウンドの熱さにおいて現時点最高峰と言っても過言ではないアナログシンセサイザーです。

プレイヤー、クリエイター問わず本物のアナログサウンドを求める方にとってこれ以上の選択肢は他に無いでしょう。

各色オーダー可能(有料)。
標準状態のパネル色は時期によって異なる場合がございます。


●音源方式:マイクロプロセッサ制御・完全ディスクリート方式アナログ
●最大同時発音数:1音 OMEGAボイスボード増設時最大8音
●マルチティンバー/レイヤー/スプリット:最大4パート(OMEGAボイスボード増設時)
●シンセサイザー部:OMEGAボイスボードを参照
●アルペジエイター:UP/DOWN/UP&DOWN、MIDIシンク可能
●グライド:リニア/対数カーブ選択可能
●MIDI:IN/OUT/THRU
●アウトプット:(OMEGAボイスボードの出力に加え)モノ/ステレオMIXアウト
●電源:90〜240V AC50/60Hz(自動切替)・1A(115V)
●外形寸法:482W x 178H x 385D mm・4U
●重量:8.1kg(8ボイス拡張時)


<OMEGA 8 システム構築例>
●フルセット:
OMEGA 8 ¥428,000 + OMEGAボイスボード(¥69,000×6) ¥414,000 + 2600 Type VCF(¥20,800×8) ¥166,400 + 303 Type VCF(¥19,800×8) ¥158,400
計¥1,166,800(税込¥1,225,140)

●6ボイス+2600 Type VCF:
OMEGA 8 ¥428,000 + OMEGAボイスボード(¥69,000×4)¥276,000+ 2600 Type VCFボード(¥20,800×6) ¥124,800
計¥828,800(税込¥870,240)

●4ボイス+CS-80 Type VCF:
OMEGA 8 ¥428,000 + OMEGAボイスボード(¥69,000×2) ¥138,000+CS-80 Type VCF(¥26,800×4)¥107,200
計¥673,200(税込¥706,860)


<OMEGA Voice Board>
OMEGA8用の拡張ボイスボードです。
OMEGAボイスボード1枚の中には、2VCO、VCF、VCA、3LFO、3ADSR等、モノフォニックシンセサイザー1台分の回路が搭載されています。
最初にインストールされている1枚に加え、7枚まで本ボードを増設することで、OMEGA8を最大8音ポリフォニックのモンスターシンセサイザーに拡張することが可能です。
オンボードにOBERHEIM SEMタイプの12dBマルチモードフィルター、スロット1にMINIMOOGタイプの24dBローパスフィルターがマウントされており、更にVCFの増設用スロットを2個装備しています。
デリケートなアナログ回路であるOMEGAボイスボードのインストールは、ボイス間の微妙な調整を要するため代理店にて専門の技術者が行います。
もちろん、OMEGA8購入時にボイス数を指定することも可能です。

■音源方式:マイクロプロセッサ制御・完全ディスクリート方式アナログ
■VCO:2基(三角波・ノコギリ波・矩形波-PWM可能-)、サブオシレーター1基、シンク可能
■VCF:OBERHEIM SEMタイプマルチモード/MINIMOOGタイプLPF(増設用空きスロット x2)
■ソフトウェアLFO:3基(アサイナブル×2/PAN用)
■ソフトウェアエンベロープ:ADSRタイプ3基(VCF用/VCA用/アサイナブル)
■クロスモジュレーション:OSC2→OSC1/CUTOFF
■アウトプット:TRSステレオ x1
■VCFインプット:フォーン x1

<Studio Electronics (USA)>
名機MidiminiやSE-1により90年代以降のアナログシンセサイザーリバイバルの火付け役となったロサンジェルスの老舗メーカーです。
各種ビンテージシンセのMIDI/ラック改造によって蓄積したノウハウを結集して製作した同社の製品は、その存在感のあるアナログサウンド、安定性、操作性のどれを取っても現在のアナログシンセサイザーに必要な要素を全て備えた楽器と言えます。
また、これらのノウハウを引っ提げてスタジオ用アウトボード機器の開発も開始、早速こちらの分野でも国内外のスタジオで確固たる評価を得ています。

【即納可能】【あす楽】表記の商品以外は基本的にお取り寄せになります。

メーカー在庫依存商品はお取り寄せでも翌日出荷が可能です。
(但:メーカー在庫品・平日メーカー受注時間内)
※商品状態をリアルタイムに反映できない場合がございます。
売り切れの際はご了承ください。



OMEGAボイスボード2枚標準装備のアナログシンセサイザーOMEGAボイスボード2枚標準装備のアナログシンセサイザー
メーカー希望小売価格 オープン価格
価格
428,000円 (税込462,240 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
お取寄せメーカー在庫有時は1〜3日以内発送
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く