page top

2017.05.08 07:35 現在

  • 栂の森 栂の森:
  • 鐘の鳴る丘 鐘の鳴る丘:

2020-01-01
カテゴリトップ>エレキギター>エレキギターブランド別>ギターブランド別(S-T-U)>STR GUITARS>OS Series
STR GUITARS OS624 #045 “Flame Tochi Body” 【2018楽器フェア出展品】
極上の杢が浮かぶトチボディ
STR GUITARS OS624
八塚悟氏を中心とした国内屈指のギター・ファクトリー「飛鳥」で製作される“STR GUITARS”から、ハイエンド・エレキギター「OSシリーズ」の2018楽器フェア出展品が入荷しました!既にお馴染みとなったSTR製ハイエンドベースのポリシーをエレキギターに落とし込んだ、STR入魂の逸品です。コチラの「OS624 #045」は、見る角度によって表情を変える極上のフレイム・トチを使用した1ピースボディ、ネック&指板にはフレイム・メイプルを使用したゴージャスなルックスが魅力の1本。カラーリングは、木目を引き立たせるため木地着色を施し、青ともグレーとも言えない絶妙の色合いに仕上がっています。勿論、外観の美しさのみならず、ミディアムスケールに24フレット構造、GOTOH製ペグにウィルキンソン・ブリッジを採用し、抜群の操作性を誇ります。ピックアップには、今話題のUSA製ハンドワイアリングピックアップ「MojoTone」によるハムバッカー・ピックアップ「LEVEL HEAD」を搭載。美しいボリュート・デザインや木材を使用したトラスロッドカバー&エスカッションを使用するなど、細部に渡って日本製ならではのきめ細やかな「職人技」を感じて頂ける筈です。
日本製ハイクオリティモデルの真髄 ”STR GUITARS”
飛鳥ギター・ファクトリー代表の八塚 悟を中心に2006年にスタートした”STR GUITARS”は国内、国外問わず有名ブランドのOEM製造を数多く手掛け、培ってきた多くの経験と高い技術力を駆使して、最上級の素材を繊細かつキメ細やかな、極めて日本的な精度の高い仕事を施した至高の楽器を製作しています。ハイエンドベースでお馴染みの“STR”ですが、勿論エレキギター製作においても、その実力は遺憾無く発揮されています。最高の材を高い技術で仕上げた至高のエレキギターを、今こそ入手する機会です!
MojoTone
USAノースカロライナ州のハンドワイアリングピックアップ「MojoTone」。

1995年の設立以来、ギターアンプのスピーカーやキャビネット、エフェクトペダルのパーツなど、ギター関連の高品質なDIYパーツを世に供給してきたアメリカのMojotone社。その中で、顧客からの特注ピックアップや他社製のピックアップのOEM製作に携わってきたDave Shepherd率いるチームが、「プレイヤーに演奏したいと思わせるピックアップ、期待を超えるピックアップを作る」という理念のもとに、新しく始めた自社ブランドのシリーズがMojotone pickupです。ビンテージをフィーリングを大事にして、ひとつひとつのモデルに拘りが込められたMojotoneのピックアップは、海外ユーザーの間ではすでに高い評価を得ています。

モデル名について
Specification
Body: Tochi 1P
Neck: Flame Maple
Fingerboard: Flame Maple
Nut: Carbon
Bridge: VG300
Machineheads: GOTOH SG381MGT-EN01
Pickups: MOJOTONE LEVEL HEAD
Scale Length: 24 3/4inch
Finish: Urethane
ギグケース付き

トップ ⇒ 現在地


STR GUITARS
OS624

エレキギター


ABOUT: STR GUITARSは、2006年にオーダーメイド・ブランドとしてスタートしました。(有)飛鳥ギター・ファクトリー代表の八塚 悟を中心に各工程のプロフェッショナルが製作。プロミュージシャンからのカスタムオーダーモデル、国内・国外のハイエンドブランドのサンプル製作など、高い技術と柔軟性が求められる特殊製作を一手に引き受け、工場全体を見渡す高い視点と様々な加工に対応し、イメージを形にするファクトリー随一の柔軟性を持つビルダーです。そして、自分自身に蓄えた最高の技術を駆使し、更なる高みを目指すべくオリジナルブランド「STR GUITARS」をスタート。
最高の素材状態を作り出す自社内乾燥システム:
木材はその品種や部位などによって特製が異なり、それら全てが乾燥状態に影響を及ぼします。乾燥状態に及ぼす主な要素として樹種、産地、樹齢、部位そして用途があげられます。それらの違いを考慮して、最適な乾燥状態を作り出すには高度に管理された乾燥システムが必要となります。自然乾燥だけでは決して最適な乾燥状態を得る事が出来ません。
素材の複雑な乾燥特性を考慮した乾燥プログラム: 木材は、部分や方向によって乾燥の仕方、それに伴う収縮の度合いが異なります。具体的には繊維方向と半径方向では収縮具合に約10倍の差があります。また通常の乾燥では、木材の外側から乾燥が始まり、中心部分はなかなか乾燥が進みません。木材の中で起こるこれらの収縮・乾燥の差が、反りやネジレ、そして割れの原因となります。その為、素材特性に応じて、湿度、温度、時間を綿密に管理した乾燥プログラムが必要です。その為に一言に「乾燥工程」と言う中にも下のような細かなセクションに分け、乾燥は進められています。
1:蒸煮(湿度、温度を高める事で繊維内の水分移動を効率化する。)
2:乾燥(含水率をほぼ0%の超乾燥状態まで徐々に乾燥させる。)
3:調湿(安定しやすい含水率7%程度まで水分を戻す。)
4:降湿(常温までゆっくりと木材の温度を落す。)

【エレキギター】
メーカー希望小売価格 オープン価格
価格
410,000円 (税込442,800 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
通常3〜4営業日以内に発送予定
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く