page top

2017.05.08 07:35 現在

  • 栂の森 栂の森:
  • 鐘の鳴る丘 鐘の鳴る丘:

2019-10-04
カテゴリトップ>CATEGORY>ボディ>レンジファインダーカメラ
LEICA ライカ M2 SN.1091820 1964年製 後期型 【中古】いつの時代も数々の写真家や写真愛好家を虜にしてきたライカ。
その中で伝説的名機初代M型ライカ『LEICA M3』の廉価版として
1957年から発売された『LEICA M2 SN. 1091820 』の入荷です。
今回入荷の個体は1964年製の後期モデルになります。
巻上げボタンが通常のM型と同じ様にレバータイプになり、セルフタイマーが搭載されました。

廉価版という位置付けにあることから、
機能を簡略化したモデルと思われがちですが、
M3とは違ったコンセプトのもとに生まれたカメラであり、
単なる廉価版ではありません。

シンプルな機構で広角にも対応できるファインダーを搭載している点や、
内部機構の様々なところに後へと続くM型ライカの基礎となる設計が多く見られ愛好家の多い名機です。

M3を買うのかM2を買うのか、人生観を大きく分けるポイントとも言われるほどにM3にも負けない魅力を持った
M型ライカがこの『LEICA M2』ということです。

一番大きな違いとしてあげられるのがファインダーになります。
一般的な0.72倍となり、M3に比べ広角に強くなっています。
フレームは「35mm,50mm,90mm」と35mmのレンズがそのまま
使えることも大きなアドバンテージになっています。

シャッタースピードはB,1s-1/1000sになります。
付属品は以下になります。
・LEICA METER MC

 
【コンディション】


動作:
動作確認済みになります。
シャッターの変速は正確性は不明となりますが
目視での確認では概ね問題のない状態となります。
稀に低速側のシャッターのガバナーが動作せず、
早い開閉になることが確認できました。
巻上げ巻戻し、セルフタイマーは正常に動作しています。
外観:
経年のスレや小傷、汚れが見られますが
全体に目立つ傷はなく綺麗な状態です。
グッタペルカは背面裏蓋の箇所だけ交換しています。
ファインダー:
若干のクモリを感じる状態です。
正面から見ると若干カビ状の斑点が見られる状態です。
フレームの切り替え、ブライトフレームは良好な状態です。
二重像合致はしっかりと行えます。
マウント:
問題ありません。


 商品管理番号:10217238

原宿に実店舗あり。壊れたカメラも高価買取中。
価格
150,500円 (税込162,540 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
売り切れました

お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く